ニュースで考えるリスク・危機

ニュースを通じ、自分の身に置き換えて様々なリスクについて考えるブログ

令和元年6月15日の出来事

・16日(日)は発達する低気圧の影響で北日本は大荒れに 暴風・高波に警戒

 (ウェザーマップ

 お気を付けください。

・週6日働いて手取り15万の父子家庭 小中2人の子育てに不安 貯金できず

 「進学、今だと厳しい…」(沖縄タイムス

 貧困国家日本。収入安定させるなら、勤務地を変えるしかないかもですね。

 沖縄いいところでしょうが。

令和元年6月14日の出来事

・今週末は全国的に大荒れのおそれ 大雨・暴風・高波に警戒(ウェザーマップ

 お気を付けください。

・昼間の地震、わが子の命守るには 「まさか」の事態に知っておくべきこと

 (西日本新聞

 ご家庭によっても事情違うと思うので、色々調べて、オリジナル対策を。

・ブラックアウト対策進まず=被災地企業を調査-防災白書(時事通信

 電力を自力で担えるほど、資金力がある企業なんてそうないでしょう。

・80歳、免許返納後に運転、自転車はねた疑いで逮捕 群馬(毎日新聞

 こうなるパターンはありえる。最低です。免許なくても、車は動く。

 

令和元年6月13日の出来事

・女子児童いじめ放置問題 きょうだいも暴力受けていたのに放置(ABCテレビ

 学校なんて通うのやめて。体や心を痛めつけられていくところではない。

・障害者施設で男性死亡 介護士の男を逮捕 傷害致死の疑い 大阪・茨木

 (毎日新聞

 長期不況で適性のない方がこの業界に入って結局なじめないまま事故が起きている。

・高齢化や孤独死…「マンション管理組合」の“悲劇”(毎日新聞

 人気物件ならともかく出るに出られなくなったマンション等の物件は悲惨。

・止まらぬ早期化、迫る「大学4年間ずっと就活」時代(日経ビジネス

 真に受けてこんな学生生活送るぐらいなら、大学行く意味ない。

 

令和元年6月12日の出来事

・太陽光買い取り終了検討、経産省 全量・固定価格やめ負担軽減へ(共同通信

 太陽光に関係ない方には吉報でしょうが、政府の補助金がなくなると、ビジネスとし て成立せず、放置太陽光パネル群が大量発生し、放置されたパネルからよからぬ液体 や物質が流出、なんて未来が見えたのですが。

・罰則規定のない「パワハラ防止法」に効果はあるのか(THE PAGE)

 効果がゼロではないでしょうが、劇的なものもないでしょう。

 コミュニケーションの世界なので、状況や、環境、パーソナルなことなど、一律に  ルールを設けるのは難しいし、すべきではないかと。

・耳の穴の中に「カビ」が かゆみや痛み、難聴も 長時間「イヤホン」に要注意

 (中京テレビNEWS)

 お気を付けを。私もつかいやすいので、イヤホン派なのですが、ヘッドホンにしたほ うがいいでしょうか。

・【特集】“やりがい過労死“ その背景とは? 『仕事してしまう…』を管理する

 必要性関西テレビ

 仕事を管理する、一言で言えることでも難しい問題。時間一つでも難しい。

・液晶パネルJDI、1200人削減へ 一部ライン閉鎖(朝日新聞デジタル

 転職しなければならない方、頑張ってください。

・犬猫にマイクロチップ義務付け=虐待罰則も強化-改正動物愛護法成立(時事通信

 致し方なし、というところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和元年6月11日の出来事

・助けて!救急病院の叫びに募金殺到 6日で目標額達成(朝日新聞デジタル

 こういうことをしなければいけないのかと嘆くべきか。できなくなったとき不達成の 場合はとうするのか。

・75歳以上に「安全機能付き車限定免許」導入へ 

 問題視される高齢運転者の事故減少なるか(くるまのニュース)

 もちろんしないよりは効果はあるでしょうが、小手先感。一番は免許返納できる社  会。

日清食品、麺容器を植物性プラに 21年度中に切り替え(共同通信

 脱プラに一石。この容器は製作にどのくらいのエネルギーをつかうのでしょう。

・コンタクト「店頭価格を割引」チラシ 裏に店への圧力か(朝日新聞デジタル

 どこの業界でもあるはなし。やはり専業というのは恐ろしいですね。

・緊急避妊薬のネット処方 「犯罪の被害者限定」を見直し(朝日新聞デジタル

 これはいい話か。もちろんよからぬ使い方をするユーザーも出るでしょうが、大きい 間口にしないと、必要な人に渡らないのが現実。

・カナダ首相、使い捨てプラスチックの禁止を発表 2021年から(AFP=時事)

 もっと前からやっていたのかと思ってました。環境に影響があるのでしょうが、不便 はもちろん、安全にきれいなものをいつもつかえない状況に陥る場面が発生しないよ うに、代替製品の供給もしっかりやっていただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和元年6月10日の出来事

・政府、高齢者向けに安全機能車の限定免許案を検討(産経新聞

 なぜ、高齢者向けなのか。運転技術の未熟さは全世代的な問題でしょう。

・“耳かき”で意識不明…綿棒の使い方に注意(日本テレビ系(NNN))

 耳かきはほどほどに。

・ウーバーイーツ配達員、労組準備 個人事業主扱い、責任回避に批判(共同通信

 東京都内で活動するのに保険に入れない時点でお察しのお仕事。かなりの高報酬なら 別としても、運動代わりになんてやっていいものではありません。仕事をしているこ とをもっと自覚しましょう。誰も助けてくれません。

・【特集】自殺した現場監督 月に140時間の残業...メモが語る過労死の現実

 (MBSニュース)

 ウーバーイーツなど、請負事業というのは、自分が完全に社長なのです。この自覚が ないと、使われ放題になるのは、自明の理。誰も守ってくれないし、管理もしてくれ ない、労働者としての法の保護もない。かなりの高報酬や目的がないかぎり、おとな しく、サラリーマンを。できるだけホワイトに近づく努力をしましょう。

・「将来は廃墟に」タワマン・クライシスは本当か。修繕費が足りない報道の内実

 (櫻井幸雄

 外面ではなく、自分の人生にとってなにが重要なのか。家を買うことか。

・「一眼レフカメラあげます」『Twitter』の認証済みアカウントを使った詐欺に注意

 (篠原修司)

 詐欺師の巧妙さは舌を巻く。これからも新型の詐欺が生まれ続けることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和元年6月9日の出来事

・「白い粉」送り動揺誘う 85歳女性が120万円詐欺被害 静岡(毎日新聞

 本当にこの人たちの新たなアイデアの生みだし方は驚異的。どうしても後追い対策に なってしまうところに、こちら側の発想の貧困さを実感してしまう。

・父親運転の車にひかれ... 1歳長女が死亡フジテレビ系(FNN)

 状況くわしくわかりませんが、子どもが思ってもみない行動にでて、事故が発生して しまったということでしょうか。痛ましい事故です。

・注目集まる合葬墓、予約殺到ケースも 公営でも整備、その背景とは(京都新聞

 人生の後始末を今までの発想でやってしまうと、残った家族に多大な負債をつくって しまうことになりかねません。いろんな方法があると思うので、検索したり、相談し てみたり、自分にあった方法を模索していくべき。

・逮捕きっかけはファンの通報 タレントに再び“ストーカー”(フジテレビ系(FNN))

 本人からだけではなく、まわりの人間からの通報で動けるのは助かる。

 ストーカー問題は暗殺に近いものがあるので、身を守るのも難しい。自分だけでな  く、周辺の人、警察など複数の防御線を構築し、フットワークを軽くして、最悪の事 態を避ける。

スマホ・PC・加熱たばこ…充電池「ごみ」発火多発(読売新聞オンライン) 

 一見外見が電池ではないものもあるので、お気をつけください。適正廃棄を。